MENU

AGA治療に必要な費用とは?

ここでは薄毛の方がAGAクリニックで治療するときに必要な費用を「診察費用検査費用治療薬の費用」などの項目別に分かりやすく説明しています。

 

料金の内訳を知っておくことで、おおよその予算が立てられます。無料カウンセリングを予約する前に把握しておきましょうね。

AGAクリニックの診察料と検査費用について

診察費用を無料にしているクリニックもありますが、ほとんど病院では診察費用は必要です。

 

また主な検査には血液検査と遺伝子検査がありますが、必須ではない「遺伝子検査」も受けることをお薦めしています。(*理由についても説明しています)

 

診察費用・・・5000円〜(中には無料診断するクリニックもあります)

無料カウンセリングが終わると「そのまま帰宅する」か「治療を開始する」のかを選ぶことになります。「そのまま帰宅する」ことを選択すれば費用は0円です。「治療を開始する」ことを選ぶと医師に診察してもらうことになるので費用がかかります。

血液検査費用・・・10,000〜15,000円

血液検査は“必須”となっている病院が多いようです。AGA治療薬には副作用をともなうものがあるので、その可能性を調べるためにの血液検査です。おもに肝臓の数値を調べています。

遺伝子検査費用・・・10,000〜15,000円

AGA治療における遺伝子検査では、アンドロゲンレセプター遺伝子を調べることで薄毛の原因が男性ホルモンであるかを調べます。男性ホルモンがであればAGA治療薬のプロペシア(フィナステリド)やザガーロで効果が期待できます。

 

この遺伝子検査は“必須ではない”病院が多いのですが管理人としては受けることをお薦めします。あなたの薄毛がAGA(男性型脱毛症)であるかが分かるので、このメリットは大きいです。

AGA治療の内服薬と外用薬の費用は?

AGA治療は、内服薬と外用薬の併用から始める場合が多いです。主な治療薬の費用をまとめました。

 

プロペシア(フィナステリド)・・・4,500〜10,000円

AGA(男性型脱毛症)の治療に最も効果の高い治療薬です。男性ホルモンの働きを抑制するので抜け毛や細毛化が止まり、薄毛の進行を抑えてくれます。ただし、直接的な発毛効果はありません。抜け毛が止まり、髪も細くならず薄毛が進まないので、「髪が太くなった」「髪が濃くなった」と感じることがありますが、AGAの進行が止まったことによる効果です。

ミノキシジル・・・5,000〜15,000円(内服薬は高め)

薬局で購入できる育毛剤リアップの主成分ですね。血管拡張作用があり血行を促進することで発毛効果を高めます。AGAクリニックで処方されるミノキシジルはリアップよりも濃度が高く、より発毛効果が高くなっています。そのため副作用の心配もあり医師の指導のもとで使用、服用することが必要なんです。

 

より発毛効果の高い内服薬のミノキシジルタブレットもありますが、必ず医師のもとで服用しましょう。(*個人輸入は危険です。正規品でない可能性が高いです。)

ザガーロ・・・7,000〜15,000円

ザガーロは2,015年9月28日に承認されたばかりの治療薬です。プロペシア(フィナステリド)と同様にAGA(男性型脱毛症)に効果の高い治療薬です。「プロペシアよりも効果が高い」と言われており、承認もされたばかりなのでプロペシアよりも費用は高くなっています。

 

ヘアメディカルでは、患者さんによってプロペシアとザガアーロのどちらの効果が高いのか検査することが出来ます。現在、この検査をしているのはヘアメディアカルだけです。

オリジナル治療薬・・・14,000〜35,000円(内服薬と外用薬の併用)

AGAGクリニックが独自に開発している治療薬です。プロペシアとミノキシジルの効果を高めるために、亜鉛やビタミン類などを独自の配分で調合している場合が多く、患者さんによって配合成分や調合割合を変えています。

 

プロペシアやミノキシジルよりも発毛効果が高いのですが、それらと比較すると費用は高めです。「内服薬のみ」「外用薬のみ」も選択できる病院もあるので、一度相談してみましょうね。

 

育毛メソセラピーとHARG療法の費用について

育毛メソセラピーも< href="http://aga-clinic.biz/harg-kouka.html">a>HARG療法もAGA治療薬を注射を使用して、頭皮より直接注入する治療です。プロペシアやミノキシジルのような内服薬や外用薬とは違い、とても効果の高い治療です。

 

育毛メソセラピーとHARG療法の違いは、配合される治療薬に「幹細胞(グロースファクター)」が含まれているかどうかです。幹細胞が含まれる治療がHARG療法とよばれ、一般的にあ育毛メソセラピーよりも効果が高いとされています。

 

しかしながら最近では研究が進み、それほどの治療効果に差がなくなっています。治療費の差が大きいことを考えるとHARG療法にこだわる必要はないと思います。

 

育毛メソセラピー・・・50,000〜120,000(平均80,000円前後が多い)

注射を使用して直接頭皮より治療薬を注入するので、とても発毛効果が高いです。注入する治療薬の量(2CC・4CC)で料金の違う病院も多く、患者さんに選択させることもあります。管理人としては、量の多い方が治療効果が高いように誘導するクリニックは信頼性にかけると思います。医師の判断で最適な治療を提供することが一番大切で信頼関係を築けるのではないでしょうか。

HARG療法・・・80,000〜150,000(*20万円のクリニックもあります

育毛メソセラピーの“5割増し”といった感じでしょうか?「幹細胞」を注入することで高い効果が得られるとのことですが、育毛メソセラピーでも99%を越える発毛率があるので、最近では、そこまでこだわる必要はないのかもしれません。またHARG療法と名乗れるのは、HARG治療センターに登録しているクリニックに限るので「お金」の匂いがプンプンしますね(笑)実際に「幹細胞(グロースファクター)」を注入する治療を行っているのにHARG療法と名乗らずに、グロースファクター療法と名乗っている病院もあります。治療の名前よりも病院の実績や費用などをしっかりと調べて病院を選びましょうね。

AGA治療の総額費用は?

必要AGA治療の総額費用を計算するには治療期間がどのくらいかかるのかを知る必要があります。

 

プロペシアやミノキシジルなどの内服薬と外用薬の併用による治療の場合1年〜1年半以上の治療期間が必要のようです。これは、あくまで平均的な期間です。

 

また病院独自のオリジナル治療薬においても、平均1年〜1年半程度の治療期間をとするようです。

 

育毛メソセラピーやHARG療法の場合、平均6回〜10回の治療が必要です。
1回の治療費用が60,000円〜と高額でトータル費用も数十万円となります。