MENU

AGA治療の保険と医療費控除について

AGA治療って保険適用・保険診療できるの?

普段風邪や腹痛で病院にかかる時には通常保険証を持参して行きますね。

 

日本の社会保障制度の一つである健康保険を利用して診療を受けるためです。

 

健康を害するような病気やけがの治療には保険が効きますのでかなり安い費用で治療ができるのです。

 

しかし残念ながら男性型脱毛症は通常、保険が適用にならないため全額自己負担で治療を受けなければなりません。

 

■なぜ保険適用にならない?
男性型脱毛症の治療は「健康を害する病気」とはみなされないので歯科の審美治療や美容外科の脂肪吸引などと同じ扱いになってしまうので保険を使って治療を受けることができないのです。

 

ただし男性型脱毛症以外の脱毛症、例えば円形脱毛症などは自己免疫疾患などが原因であることもあるので保険が効く場合がありますが、AGA治療ではそれができません。

 

これはAGAの専門クリニックだけでなく一般の皮膚科等の病院に行っても同じです。

 

一般の病院は保険適用の医療機関ですが、そこでされる治療全てに保険が効くのではなく、あくまでもどんな病気を治療するのかという点で判断されます。

 

例えば歯科では虫歯治療に用いる詰め物にも保険適用になる素材とならない素材がありますね。

 

眼科では眼精疲労に用いられる点眼薬は保険適用になりますが、薬局などに売っている飲み薬タイプのビタミン剤などを希望すると保険が効かないようです。

■どちらも保険が効かないなら病院選びはどうする?
一般の皮膚科等の病院もAGA治療の専門クリニックも、どちらも保険が効かないのであればどちらに行っても変わらないのでしょうか?

 

それは違います。

 

というのは、受けられる治療内容が全然違うからです。

 

もしあなたが、基本の治療薬のプロペシアミノキシジルの処方だけで良いという場合は一般病院の方が若干やすくなるでしょう。

 

薬単体の値段というのはどこでもあまり変わらないからです。

 

ただそれ以上の効果が出る治療を受けたいならばAGA専門クリニックに行くべきです。

 

一般病院の皮膚科の医師はAGAについてはあまり興味が無く積極的な治療をしてくれません。

 

ノウハウもないので患者さんの質問に的確に答えられない医師もいます。

 

患者さんの頭を見て、体質や生活習慣などのカウンセリングも十分にはされない所が多いようですし、使用する薬剤も扱い自体が無いので処方ができないのです。

 

一方専門のクリニックは同じく保険は効きませんが、プロペシア以外でも患者さんが求めれば必要な治療薬を処方してくれますし、経験症例数が豊富ですからあなたの頭皮の状態を的確に判断して薄毛改善までサポートしてくれるでしょう。

 

プロペシアの処方意外にも選択肢が増えるだけですから、患者さんが必要なければ別に高い薬を買う必要はありません。

 

ただクリニックによっては、プロペシアそのものを処方をせず、独自配合の内服薬を提供するなどしているため、「プロペシアだけが欲しい」という要望に応えられないところもあるかもしれません。(ほとんどのクリニックでは対応していまうす)

 

ここら辺はHP等で確認し、必要があれば電話で聞いてみると良いでしょう。

 

AGA治療は医療費控除の対象となるのか?

 

皆さんは医療費控除という言葉を聞いたことがあるでしょうか?詳しくは知らないが聞いたことはあるという方も多いかと思います。

 

ごく簡単に言うと、年間に支払った医療費が高額になった場合は、納める税金を減らせたり、すでに仮納めしている税金額から一定の還付を受けられる制度です。

 

これは税金関係の話ですので税務署がらみの話となってしまうので少し難しいですが、AGAの治療費は医療費控除の対象になるのかどうか見ていきます。

 

■結論は「原則対象とならない」

 

残念ながら原則としてAGAの治療費は医療費控除の対象とならないので、税金を減らしたり還付を受けることはできません。

 

しかしこの点実は微妙で、税務署の担当者によっては認められる可能性も0ではないようです。

 

知識人などの専門家の間でも意見が分かれることがありますが、割合としては「対象とならない」が大勢です。

 

税務署に聞けばまず間違いなく「対象外です」と言われることになるのですが、それではなぜこのように意見が分かれてしまうのでしょうか。

 

それは医療費控除システムの存在意義を知らなければなりません。

■医療費控除の概要
皆さんが支払っている所得税は収入から諸経費などを引いた「所得」に税率を掛け、税金額を算出していますが、医療費控除はこの「所得」額を減らすことで税金額を減らすことができるシステムです。

 

医療費は人間が生きていくうえでなかなか支出を減らすことができないものですから、税金面で少し助けてあげようという考え方から作り出されたものです。

 

しかしどんな医療費が対象になるかは法律で決められていて、しかもその内容が少し具体性にかけるために判断に違いが出てくることになります。

■法定の対象医療費とは

 

詳しくは国税庁のHP
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.html

 

で確認して頂きたいですが、要するに見た目を改善する美容目的の側面が強い治療や施術、あるいは健康増進などのためのものは適用対象から外されるということです。

 

医療費控除はあくまでも国の温情的な性格のものですので、苦しみから解放されるために受ける治療以外は適用対象から外されてしまうのです。

 

風邪や腰痛、虫歯などは放っておくと苦しいですからね。でもケースによっては医療費控除の対象になることもあるのでこれも微妙なところです。

■医療費控除の対象になるケースとは?
ハゲやが何らかの他の病気を原因として発症した場合、その「他の病気」が医療費控除の対象に入っていれば結果としてハゲの治療費も控除の対象に入ってきます。

 

例えば円形脱毛症などは自己免疫疾患が元になることもあるので、その治療費は医療費控除の対象になるでしょう。

 

実際の手続きでは治療にかかったレセプトなどを税務署に送る必要があるので、担当者が目視して適用対象か否かを判断することになります。

 

膨大な数を処理するために相当高額なものでなければ担当者が詳しく調べないこともあるので通ってしまうこともあるかもしれません。

◆管理人からのワンポイントアドバイス◆
AGA治療は、例外を除いてほとんどの場合、保険も効かないし医療費控除も認めらりません。

 

そのため治療費も高くなりがちですし、クリニックによっても治療費が変わってきます。
特に発毛効果が高いとされているクリニック独自のオリジナル治療薬の費用は高くなりがちです。

 

そこで重要になるのが、そのクリニック一押しの治療や治療薬における「発毛実感率」などの実績をしつかりと見極めることです。同じお金を使うのなら、しっかりと結果をださなくてはなりません。

 

発毛実感率などのクリニックの実績をしっかりと見極めることが大切です。当サイトでは「発毛実感率」など実績を重視してクリニックを紹介しているので、気になったクリニックのカウンセリングを受けてくださいね。