MENU

フィナステリドの効果@AGAに効く理由とは?

男性の頭髪が薄くなる症状として注目を集めているのが男性型脱毛症です。これはまず、精巣にて作り出される男性ホルモンが体の内部を巡りゆく中で頭皮付近にある5αリダクターゼという特殊な酵素と巡りあって互いに反応しあうことによってDHTという物質を作りだします。このDHTは単体のままであれば何も問題を引き起こすことはないのですが、同じく頭皮にあるアンドロゲン受容体と結合すると頭髪環境に過剰な反応をもたらします。

 

というのも、本来ならば毛乳頭が頭皮の毛細血管を流れる血液から栄養分を補給して成長するのですが、それが外部からの栄養分の補給を遮断するようになってしまい、そのために栄養不足に陥った頭髪は細胞分裂が抑制されることによって成長サイクルが狂いだし、最終的には退行期を迎え、休止期を迎え、そのまま成長力を失って抜け落ち、その後は次の頭髪が生えない状態が長く続くようになり、薄毛へと繋がっていくのです。

 

ただし、この男性型脱毛症は医療機関における適切な治療を続けることで症状を改善させることが可能です。治療においては内科や皮膚科、それに外科などのクリニックでも受けられますが、さらに専門的な治療を受ける場合にはAGA治療専門クリニックを受診する必要があります。そして何の医療機関でもまず最初の選択肢として提示されるのがフィナステリドを配合した飲み薬の処方です。

 

このフィナステリドという成分はもともと前立腺肥大症を治療するための特効薬の開発中に偶然にも発毛作用が確認されたことで研究開発が続けられ、今ではプロペシアという錠剤に含まれる成分として知られています。これを一日一錠服用すると、フィナステリドが頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素のU型と呼ばれる部分の働きを抑制します。

 

フィナステリドによって5αリダクターゼと男性ホルモンが反応してDHTを作り出す分量も抑制され、アンドロゲン受容体と結合して過剰な反応を引き起こすリスクも取り除かれていきます。こうして、これまでは大きく乱れてきた頭髪の成長サイクルは徐々に改善され正常化の道をたどり始め、発毛効果を得ることが可能となるのです。

 

また、このフィナステリド配合の飲み薬のみならず、同時にミノキシジルなどの成分を配合した育毛剤を使用することによって血流量も高まり、フィナステリドによって正常化した頭髪に対して過不足なく栄養分が補充されるようになり、発毛や育毛が促進されていくこととなります。

フィナステリドの副作用@肝機能障害は心配はあるの?

プロペシアに含まれている成分であるフィナステリドですが、やはり気になるのは副作用だと思います。特に肝機能障害が出るのはではといった噂があるのですが本当の所はどうなのでしょうか。

 

プロペシア(フィナステリド)を服用することによって肝機能障害が起こる副作用があるのは事実です。しかし、その他の薬と比較した場合はその確率はかなり低いと考えて良いでしょう。

 

そもそも薬を飲むということは肝臓に少なからず負担を掛けていまして、どんな薬であっても肝機能障害のリスクは付きまとうのです。

 

また薬だけではなくサプリメントにも言えまして、長期間に渡って薬を服用し続けることは肝臓に負担をし続けることと同じことであり、プロペシアに含まれるフィナステリドに限らず注意しなければならないことです。

 

このように肝臓に副作用が出るケースは稀になりますが、何十万人もがプロペシア(フィナステリド)を服用している人がいて、そのうち十数例肝臓に大きな障害が発生したといったデータもあります。

 

フィナステリドの副作用は絶対に起らないというものではないので注意が必要になりますが、ではどういう風にしたら未然に防ぐことができるのでしょうか。

 

肝臓は解毒・代謝・分解といった働きをしており、これらの活動が活発に行われていると負担が大きいことになります。フィナステリドを服用することによって活動が行われますが、それ以外のことで肝臓に負担を掛けないようにすれば良いのです。

 

治療をしている方が薬の服用を止めるのは難しいですから、どんな事に注意すれば良いかと言いますと飲酒になります。

 

お酒を飲むことで肝臓は活発に働き負担が掛かり肝機能が低下しています。その状態で薬を服用してしまうとしっかりと代謝することができなくなってしまいますし、大きな負担を掛けて肝機能障害になってしまいます。ですからプロペシア(フィナステリド)を服用している場合はお酒をできるだけ控えるようにしましょう。

 

また肝機能に良い食事を摂ることによって肝機能を向上させてリスクを減らすこともできます。

 

例えば牡蠣、ごま、大豆、ウコン、しじみ、レバー、アバカドといった食品になりまして、これらは肝機能を向上させてくれます。
普段からの食生活や生活習慣も関わっていることなので食事内容を見直すことによって防げる副作用と言えるでしょう。

 

このようにフィナステリドの副作用による肝機能障害が起こる可能性がありますが、極めて低い確率であり、それも普段の生活によってさらにリスクを減らすことができますので、それほど心配する必要はないかもしれません。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは副作用の可能性はあるものの、確率は低いものです。一方で男性型脱毛症を抑制する効果が高く費用もリーズナブルなので、フィナステリドの服用から始めるのも良い選択だと言えるでしょう。