MENU

AGAの治療方法ならどれがいい?

最近、テレビCMや雑詩等の広告などで効くようになった『専門病院で行うAGA治療』 でも「育毛剤やサプリメント」「発毛サロン」「皮膚科での治療」「自毛植毛」などがりますが、これらの治療方法は何が違うの?

 

そこで、このページでは、「ハゲは治したいけど、どの治療方法が良いのか分からない!」という方のために、AGAの専門病院との違いを解説!

 

それぞれもメリット・デメリットを比較して一番良い治療方法を選択して下さいね!

育サプリメントでAGAは治るのか?

発毛や抜け毛予防を目的とした様々な種類の育毛剤サプリメントが数多く販売されていますね。では、実際にこのような治療方法でAGAが改善するのでしょうか?

 

育毛剤やサプリメントに配合されている成分をみると、ほとんどの場合アロエ、蘭などの植物や昆布などの海藻類などの天然成分ですね。残念ながら、このような治療方法では「AGA・ハゲが改善、回復する効果があるとは言えない」んですね。

 

実際に育毛剤などは「医薬部外品」登録で「医薬品」ではありません。

この違いが何かというと、「効果がある」と消費者に「告知できるかできないか」なんです。医薬品は「効果がある」と告知できるけど、医薬部外品は効果があると宣伝してはいけない。ということなんです。

 

しかしながら医薬部外品では、副作用に危険性は限りなく小さいというメリットがあります。医薬品は医師の指導(処方)の下で服用しますので安心なんですね。

 

発毛サロンとの比較

「リーブ21やバイオテックなどのサロン」の治療方法と「AGA治療の専門病院」の治療方法の違いは、AGAに効果のあるプロペシアミノキシジル・パントスチン・パントガールなどの処方薬を処方できるかどうかです。

 

発毛サロンでは、専門の医師がいないために医薬品を処方すること出来ません。また小さなサロンでは、科学的根拠に乏しい施術(治療方法)を行っているいるところも少なくありません。

 

高額な育毛剤・サプリメント・シャンプーなどの商品を勧められたりして問題になることもあるようです。

 

育毛剤や頭皮マッサージなどは、頭皮を健康に保つには効果があるとされていますが、残念ながら効果的な方法とは言えません。

 

皮膚科との違いは?

AGAの治療方法には、厚生労働省に認可された処方薬(プロペシアやミノキシジルなど)が効果的であるのですが、それを服用するには医師の診断に基づく処方箋が必要です。

 

しかしながら、全ての皮膚科で取り扱っているわけではありません。また、AGAの治療方法に関する知識も医療機関によってバラつきがあるのが現状です。

 

より専門的で効果のある最先端のAGA治療を受けたいのであれば発毛専門クリニックでの治療をオススメします。専門的な知識と多くの臨床数を持つ専門病院ならば、AGA・薄毛治療薬を処方するだけでなく、治療実績から得たデータを元にオリジナルの治療薬を開発しています。これらオリジナル治療薬は、プロペシアやミノキシジルなど従来の治療薬よりも効果があるとされています。

 

また、注射や特殊なレーザーを使用してオリジナル治療薬や成長因子(グロースファクター)を直接頭皮から注入する育毛メソセラピーHARG療法と呼ばれる治療方法を選択することも出来ます。

 

これらの治療方法では、平均4〜6ヶ月で発毛を実感できる人がが99%以上と、とても効果の高い治療方法です。

 

 

植毛との比較

植毛には、髪の毛の薄くなった部分に「ナイロンや化学繊維などの人口毛を植えていく人工毛植毛」と「自分の髪の毛を移植する自毛植毛」の2種類の治療方法があります。

 

人工毛植毛の場合には拒絶反応を起こす可能性があり、頭皮が炎症を起こし、化膿することもあります。また、永久的に定着するわけでなく自然に抜けてしますこともあります。

自毛植毛の場合には、手術のリスクがあります。医学の進歩により安全性は飛躍しましたが手術である以上はリスクはあります。また、自毛植毛は短い髪の毛を植毛するために生えそろうまでに時間がかかります。

 

しかしながらメリットもあり、一度植毛した髪の毛がAGAによって抜けることはありません。これは後頭部の髪の毛を採取してくるのですが、もともと後頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けないからなんですね。その特性は移植されても受け継ぐんです。

 

ただ費用が高額になります。移植する面積により価格は変わりますが、育毛メソセラピーやHARG療法よりも高額になることが多いですが、費用対効果を考えれば検討してみる価値はありそうですね。

 

 

いろいろな方法を紹介しましたね。

  • 内服薬と外用薬の併用する方法。
  • 育毛メソセラピーやHARG療法など注射器を使う方法
  • 自毛植毛など、外科的手術による方法

主に、この3つの治療方法が考えれます。

 

それぞれ、「費用」「効果」「期間」などメリットとデメリットがありますが、無料カウンセリングで相談の上、あなたに適した治療方法を選びましょう。

 

無理に高額の治療方法を選ぶ必要もありません。確実に効果を実感できるものを選ぶことが「失敗した!」と後悔しない方法です。