MENU

育毛メソセラピーって効果あるの?

男性型脱毛症に対して、内服薬や外用薬の他に注射を使用する育毛メソセラピーなど複数の治療方法を選択することができます。

 

一般病院の皮膚科などではプロペシア単体処法しか受けられないことがほとんどですが、AGAの専門病院で提供される、効果のある複数の処方薬の組み合わせにより相乗効果で高い発毛効果を実証しています。

 

こちらのページでは育毛メソセラピーに着目して、その効果のほどを探っていきます。

 

 

 

 

内服薬や外用薬と組み合わせることで非常に有効な手段となる

育毛メソセラピーとは、成長因子や発毛促進成分などを薬液にして、頭皮に直接注入することによって発毛効果を期待するものです。

 

クリニックによっては注射器によるものの他、レーザーなど痛みのない方法での注入も可能です。

 

主な利用例としては通常の内服薬や外用薬と組み合わせることで非常に高い発毛効果を実証しています。

 

内服薬や外用薬での治療経過と、育毛メソセラピーを組み合わせた治療経過を画像で載せているサイトもありますが、かなり有効な治療法といって良いでしょう。

 

場合によっては持病や体質などで処方薬の使用ができない患者さんにも代替治療法として選択されることがあります。

病院によって成分が異なる

各病院では独自に有効成分の調合を行っており、それにはこれまでの実績から最も効果のあるものとして病院が考える成分が用いられます。

 

育毛メソセラピーの成分として、大抵は成長因子と呼ばれる発毛力を高める成分と、亜鉛など発毛補助成分を組み合わせて作られます。

 

AGA治療の病院選びとして患者さんが知っておくべきなのは、頭皮に直接注入する方法として育毛メソセラピーの他にHARG療法があるということです。

 

こちらも同じく成長因子などを調合して薬液が作られますが、これをHARGカクテルといいます。こちらの薬液にはHARG療法でしか使われない成分が入っていて、認定を受けた医療機関以外は「HARG療法」を名乗ってはいけないことになっています。

 

「日本医療毛髪再生研究会」の認定を受けた医療機関しか施術できず、費用も他の育毛メソセラピーよりも高額ですが、その分効果も高いとされています。

病院の実力を図る材料にもなる

実力ある病院、実績の多い病院はそれだけ多様な治療手段を持ち合わせています。

 

言い換えれば、多くの治療方法を患者さんが選択できるクリニックが実力が高いと推定できるということです。

 

一般病院の皮膚科などではプロペシアの処方しかできない所がほとんどですが、これもその病院の実力を示すものですね。

 

育毛メソセラピーの提供には専用の医療器具の導入や施術のための医師の手技が必要になるので、経験やノウハウが必要になります。

 

育毛メソセラピーの症例を上げてHPで実績を発表しているところは信頼性の点で評価できます。

 

ただし、AGA治療の専門病院でも育毛メソセラピーを導入していない所もありますが必ずしも信頼できないということではありません。

 

あくまでも力の入れ具合が推し量れるということです。

育毛メソセラピーに副作用や痛みはあるの?

AGA治療が急激に進歩している現在では、フィナステリド製剤ミノキシジル製剤の使用はもはや当たり前で、基本の投薬治療が十分にできない所には患者さんはあまり行きません。

 

各専門クリニックでは基本治療と併用して、あるいは薬剤の使用ができない患者さんへの代替治療法として育毛メソセラピーを提供するところが増えています。

 

さてこの育毛メソセラピーですが、成長因子や発毛促進成分を直接頭皮に注入することで毛根にダイレクトに薬液を届けることができるのが特徴です。

 

頭皮に「注入」ということで注射器を使って針を指すイメージが持たれるので不安があるのも当然でしょう。実際のところはどうなのかご説明しましょう。

 

 

育毛メソセラピーの痛みはどのくらい?

この育毛メソセラピーが生まれた当初はやはり注射器を使って注入することがあり、いまでもこれが基本にはなっています。

 

注射器は針を使いますから、何か所も刺されるのは痛いし辛いでしょうね。

 

この点は医療業界も改善の余地があるということで、痛みの少ない治療器具の開発に成功しています。

 

電気やレーザー、イオン導入などの手法を使って、針を使わない施術方法が浸透しているため、AGAの専門クリニックでは患者さんの為にこぞってこれら機材を導入しています。

 

逆に注射針で行うクリニックの方が珍しいのではないでしょうか。

 

ただ費用の面で「どうしても安い注射で」とお願いすればやってくれるかもしれませんが、ほとんどは痛みの出ない最新の機材を使って施術することになります。

 

最新機材を使った施術では軽くチクリと感じることもあるようですが、「痛み」と言えるほどの刺激ではないという評価が大半です。

 

むしろ心地よい刺激として知覚されるという評価もありますので痛みに関しては怖がる必要はありません。

育毛メソセラピーの副作用は?

副作用に関してはどうでしょうか。

 

こちらもほとんど心配する必要はありません。

 

というのも育毛メソセラピーは薬剤を内服するものではありませんから、代謝の過程で内臓に負担がかかることもなく、全身性の影響がないので重篤な副作用はまず心配いりません。

 

頭皮に対する施術であり、薬液の浸透の為に頭皮に若干の侵襲がある程度ですので、頭皮に赤みが出ることはありますが、これは副作用と言えるほどのものではないでしょう。

 

また初期脱毛といって、退行期にある毛根の髪の毛が一時的に抜けやすくなることがありますが、これは毛を落として次の強く太い毛を生みだす準備です。新陳代謝のようなものですので心配いりません。

 

洗髪の時に抜け毛の量が一時的に増えても、それはメソセラピーが効果を現している証拠ですから悲観しないで下さいね。

 

なお育毛メソセラピーはプロペシアなどを服用しながら併用して行われることが多いので、そちらの方の副作用の方が頻度としては高くなります。

 

専門クリニックであれば医師の判断を仰げるので、服薬前と後で何か体調面で違いが出たら随時相談して下さい。