MENU

AGA治療の素朴な疑問

AGA治療は気になるけど、まだまだ知らないことがいっぱい!「プロペシアは効くの?副作用はあるの?育毛メソセラピーHARG(ハーグ)療法はどちらが効果が高いの?」などなどの素朴な疑問にお答えします。このページでは、多くの人が知りたい疑問や質問をQ&Aの形式にまとめました。あなたの疑問が解消されるかもしれませんよ。

AGAにプロペシアは効果があるのか?

AGAにプロペシアは効果があります。
プロペシアの国内の臨床試験では、1rの1年間の服用により58%、2年間の服用で68%、3年間の服用で78%の改善効果が認められています。

 

またプロペシア0.5rの1年間服用で40%、2年間の服用で31%、3年間の服用で20%の現状維持効果が認められています。

 

改善効果と現状維持効果を合わせると、プロペシア1rの服用で98%以上の方に効果があることになります。

 

(*注1)AGA・薄毛の改善程度については個人により違いますので注意が必要です。

 

(*注2)データの対象は20歳以上50歳以下の方です。また中程度のAGA(男性型脱毛症)患者で、脱毛症以外には心身ともに健康な方が対象となっています。50代、60代の方は、上記の臨床データよりは効果の期待値が下がることが考えらえます。

 

(*参考)AGAにプロペシアの効果が期待できるかは、事前に遺伝子検査(血液検査)をすることにより分かることなので、医師に相談の上、検査することをオススメします。

 

プロペシアの副作用が心配なんですが・・・?

副作用の可能性はあります。

 

48週間の二重盲検比較試験において、276例中11例(4%)に14件の副作用が認められた。主な症状は、性欲減退3例(1.1%)、勃起不全2例(0.7%)など。

 

また、重大な副作用として肝機能障害(頻度不明)が現れることがあるので、経過観察を十分に行い、異常がが認めらた場合には服用を中止する必要があるので、処方を受けた医療機関に相談することが大切です。

 

このような副作用の可能性があるので、必ず医療機関で処方を受けるようにしましょう。価格が安いからと個人輸入により購入する方がいるようですが、海外製の薬剤は、どこで製造されたにかはっきりせず、安全性に疑問があるので止めましょうね。

AGAの治療費はいくら?また治療期間はどれくらい?

プロペシアなら7,000〜10,000円で半年から1年くらい。育毛メソセラピーなら1回7〜10万円で4〜6ヶ月。

 

プロペシアなどのAGA治療薬なら病院により差はありますが、1ヶ月7,000円〜10,000円ぐらい。半年〜1年は服用した方が効果を実感できるので、その費用は42,000円〜120,000円ですね。費用の安いAGA治療専門クリニックを探すことが、治療費を抑えるためにも大切になってきます。

 

また、頭皮より直接治療薬を注入する育毛メソセラピーHARG療法では、1回7万円ぐらいで、高いクリニックの場合10万円を超えることろもあります。治療回数は4〜6回が平均ですが、中には8〜10回行うクリニックもあるので事
前に確認することが大切です。
1回が7万円の場合には4回なら28万円ですが、10万円で10回なら100万円もかかります。100万円を支払うなら植毛も視野に入ります。

 

内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルを併用する医療機関が多いようです。その場合、1ヶ月15,000円前後の費用がかかります。また育毛メソセラピーなどの治療では1回7万円以上の費用がかかります。

 

しかし、AGAクリニックによって大きく変わることもあるので事前の確認は欠かせません。育毛メソセラピーが2万円というクリニックもありますよ。


参考ページ⇒AGAの治療費

 

AGAの進行を止めて現状維持ならプロペシアが有効です。
発毛を期待するのなら育毛メソセラピーかHARG(ハーグ)療法が効果的です。

 

プロペシアで効果が期待できるかは、事前に遺伝子検査をすることで分かるので検査をオススメします。効果を期待できない場合、育毛メソセラピーやHARG療法を選択することになりますが、費用がAGAクリニックによって違います。

 

また注入する薬剤も病院により違うので、症例数の多い病院を選択することが大切です。治療データにより治療薬の研究が進歩するからです。カウンセリングの時に症例写真を見せてもらうようにしましょうね。

 

育毛メソセラピーHARG療法を希望するならAGAクリニック選びは慎重に行ないましょう。実績が豊富で信頼のあるAGA治療の専門クリニックを選ぶことが後悔しないための第一歩です。当サイトで紹介しているAGAクリニックは実績豊富で信頼のできるクリニックなので安心して下さいね。

プロペシアは少なからず副作用の可能性のあるAGA治療薬ですが、市販の育毛剤よりも効果の高い治療薬です。とくに抜け毛予防には最高のパフォーマンスを発揮するでしょう。これは成分のフィナステリドが男性ホルモンの働きを抑えてくれることが理由でしたね。
>またミノキシジルと併用することで、高い発毛効果を得られることから薄毛対策だけにとどまらず、発毛を目的とした薄毛治療にも最適だといえるでしょう。
とはいうものの、先ほども述べたようにプロペシアには副作用の心配をしなくてはなりません。特に心臓病や肝臓病を抱えている方の使用は控えなければなりません。
そこでAGA治療の専門クリニックで処方してもらうことで、それらの検査も受けることが望ましいです。プロペシアは個人で輸入することができますし、個人輸入の代行業者がいることは事実ですが、それらを利用することは控えるべきだと強く要望します。個人輸入のサイトには訪問しないで下さいね。
というのも、個人輸入で購入するプロペシアは正規品であることが担保されないからです。正規品でない場合には、フィナステリドが含まれているか確認できません。仮に配合されていたとしても、どの程度の量が含まれているか分かりません。これはとても危険なことなのです
プロペシアを服用するときは、副作用の可能性も考えて医師に処方してもらうことが重要です。
またプロペシアは男性の脱毛症に対して有効ですが、女性の脱毛症には使用することはできません。これは女性の薄毛の原因が男性ホルモンにない場合が多いからです。プロペシアは男性モルモンを抑制するAGA治療薬ですからね。
また女性の場合は副作用のでる確率が高く危険なんですね。特に妊婦はプロペシアに触れることもいけません。奥さんが妊娠している男性は注意が必要です。
女性の薄毛治療には、パントスチンやパントガールなど女性用の治療薬を処方してもらえるので、女性の場合にも頭髪治療の専門クリニックで治療されることをお薦めします。
内服薬や外用薬以外の治療方法として注射を使用する育毛メソセラピーはHARG療法があります。このAGA治療は回復するスピードが3〜6か月、遅くても1年以内にかなりの回復が見られます。デメリットとしては費用が高いことです。ただし、99%以上の方に発毛が認められるので、経済的に余裕のある方は検討する価値の高い治療方法だと思います。
当サイトでは、男性のAGA治療、女性の薄毛治療のクリニックを選ぶときに気を付けるポイントを説明しているので参考にしてくださいね。また地域別にお薦めの専門クリニックを紹介しています。あなたとお住まいの地域に近いクリニックで相談してください。