MENU

ザガーロの効果・副作用・価格を検証する

ザガーロの効果@プロペシアとはどう違うの?

男性型脱毛症は多くの男性の悩みですが、今は良い治療方法が登場しており、治療を受けることでその悩みを克服する人も増えています。

 

薄毛治療にも様々な方法がありますが、特に人気の高い方法ではプロペシアなどの薬を使った治療があげられます。毎日服用するだけで良いので、手軽に取り入れていくことができますし、植毛などの治療に比べると費用も安く抑えられるのもメリットです。

 

まだ脱毛も初期であれば薬だけでも十分対応できることが多くなっていますのでAGA治療の専門クリニックに相談してみることがおすすめです。効果はすぐに実感できるというわけではありませんので、ある程度の期間は根気よく治療を続けていきましょう。

 

そして、治療薬ではプロペシアは特に有名ですが、育毛治療は日々進化しており、新しい医薬品も登場しています。ザガーロも注目されている薬のひとつですので、どのような効果が得られるのか、どんな違いがあるのかはよく理解し、それぞれに最適な薬を選んでいきましょう。

 

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンと呼ばれる強力な男性ホルモンによる影響が大きいとされていますが、これは男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。

 

そしてその変化には5αリダクターゼが関与していますので、脱毛の進行を抑えるためにはこの5αリダクターゼの働きを抑えることが大切です。

 

プロペシアはこの5αリダクターゼの働きを抑制するのに役立つ薬で、AGA治療薬といえば、プロペシアを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。その主成分はフィナステリドとなっており、前立腺肥大症の改善にも役立つ成分です。

 

5αリダクターゼにはT型とU型がありますが、U型の抑制に役立つ薬となっており男性型脱毛症の進行遅延に役立ってくれます。

 

これに対し、ザガーロはT型とU型のどちらもの働きを抑制することで注目されている医薬品です。ザガーロの主成分はデュタステリドとなっており、プロペシアと同じような働きが期待できるものの、より高い効果を発揮してくれると注目されている薬です。

 

ザガーロジヒドロテストステロンの発生をよりしっかりと抑えることができますし、発毛効果もフィナステリドと比較しても高いとされています。

 

見た目については、プロペシアが円形の薬であるのに対し、ザガーロは長楕円形のカプセルタイプとなっています。こちらもまた前立腺肥大症の薬として広く利用されている薬でAGA治療薬として承認されたのは韓国に次いで日本が2か国目となっています。

ザガーロの副作用@プロペシアとどっちが危険?

男性の薄毛、AGA治療と言えばプロペシアが有名ですが、新しくザガーロという治療薬が出てきました。ザガーロの発毛効果はプロペシアより1.6 倍も高いと言われています。

 

ちなみにザガーロの有効成分が「デュタステリド」プロペシアの有効成分が「フィナステリド」と、それぞれ成分が異なります。

 

効果があるならぜひ使ってみたいと考えるところですが、こういったAGA治療のための内服薬を使う上で心配になるのが副作用の問題です。

 

ザガーロの主成分であるデュタステリドの配合量が0.1mgのものと0.5mgのもので若干副作用の発生率は異なりますが、双方10%以上の人が何らかの症状を訴えています。

 

ザガーロの具体的な副作用の症状としては、まず一つ目が勃起不全です。ザガーアロの主成分「デュタステリド」が男性ホルモンの生成を阻害する作用があるため、それが影響して勃起しなくなったり、長続きしない状態になります。

続いて無射精症遅漏などの射精障害も挙げられます。無射精症はオーガズムを感じることもなく、射精液もない状態のことです。また遅漏は射精までの時間が長引く事を言うのですが、これらは交感神経の活性が抑えられてしまうことが要因となっています。

そして乳腺が肥大し、乳首にしこりができる乳房腫大も報告されています。これはこの薬を服用する事で肝臓に負担がかかり、女性ホルモンの分解が遅れてしまい、体内の女性ホルモンの割合が高くなるために出てくる症状です。

さらに鬱のような精神障害を引き起こす事もあります。AGAの原因となる男性ホルモンは、男性機能を保つ他に、気力や活力を維持するために必要なものとされています。ところがザガーロを服用する事で、この男性ホルモンの生成を阻害してしまうため、やる気や気力の低下を引きおこしてしまうのです。

 

そして同じ事が要因で性欲そのものも減退させてしまう事もあります。

これらのようにザガーロの副作用については、たくさんの症状が報告されていますが、プロペシアにも起こりうるのが性欲減退や勃起不全です。またどちらも重篤な副作用として、肝機能障害が起こる事もあります。

ザガーロもプロペシアのどちらにも副作用の心配が全く無いとは言い切れないため、AGA治療を受ける前にはしっかり熟考する必要があります。

 

ただどちらの方が体に負担を感じないか?と言われると、プロペシアの方が若干心配が少ないかもしれません。

さらにザガーロの成分、デュタステリドを服用している人はガンの発生率が高くなるとも言われています。発ガン性に関しては、因果関係は認められていないとされていますが、ホルモンに作用する事が多いため、気になる方は避けた方が良いかもしれません。

ザガーロの価格@プロペシアとどちらが高いの?

男性型の髪の毛の悩みを効率的に改善する薬として、日本でおなじみなのがプロペシアとザガーロです。どちらもすでに多くの方が服用していて、医療機関などで比較的処方される機会が多いです。

 

また、自分で海外より個人輸入などもしやすく、実績もある薬なので副作用などの報告も少ない安全性の高いのが特長です。

 

どちらも錠剤タイプになっているので飲みやすく、食事に影響を受けないことからいつ服用しても良い利便性の良さも人気の要因です。

 

ただし24時間サイクルで定期的に服用する方が良いでしょう。効果もほとんど同じで利便性も十分となると、どちらを利用するか迷うところです。

 

AGA改善薬は薬とは言え、服用して数日で変わるものではありません。髪の毛にもサイクルがあるので、それに沿ってだんだんと変わってくるのである程度の時間は必要です。そのため、どちらを服用するにも、一定期間は服用し続けることが重要になってきます。

 

 

そうなると気になるのが価格です。できれば安い方が続けていく上で負担が少ないです。販売価格は医療機関や取り扱い店によって差があります。

 

しかし、平均的に考えるとザガーロの方が若干高いことが多いようです。

 

というのも、ザガーロの方が日本で広まったのが後だということもあるでしょう。ザガーロは0.5mgを1日1錠が基本です。プロペシアは1mgを1日1錠の服用が多いですどちらも約一か月分で見てみるとザガーロは約1万円前後が多く、プロペシアは少しお得で6000円から7000円前後が多いようです。

 

さらに、プロペシアにはジェネリックも存在しますので、気にしない方はジェネリックを選択すればさらにお得な価格で服用できます。

 

とは言っても、価格だけで選ぶことは効果を最大限にすることとは直結しません。自分の髪や頭皮の状態をよく見て、生活スタイルや目標をどこに置くかによって変わってきます。

 

どちらの薬もAGAの緩和に有効ではありますが、体質や髪の毛の状態によってより効果のある方を選ぶことが結果に結びつきます。また、続けて使用していくことも重要なポイントですので、すぐに結果を感じなくても辛抱強く継続することも忘れてはなりません。

 

値段も選ぶ重要なポイントですが、あまり大きな差はありませんので成分や効き目を出すメカニズムなどをメインに選ぶと良いでしょう。体質に合うか心配なら、まずはワンシートだけ購入して使ってみると判断がつくでしょう。